このサイトは、過去に私のメインブログにUPした滝紀行を、より詳しく書いたものです。
メインブログはこちらです

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 22日

藤枝市。宇嶺の滝(うとうげのたき)

e0284019_22274386.jpg

 
この2月に、白藤の滝に行き、水のない滝を観てきてそのまま、滝はそれほど気にせずに過ぎてきたが、だんだん陽気が温かくなると、・・・・
「あの時のあの滝じゃ物足りない。もっと滝らしい滝に行きたい」という気になっていた私は、もう一つのこの近くの滝のことを思い出した。

それはもう15年も前のことだが、妻がこの滝を見たいと言うので出かけたことがあった。

そのときは、近くの集落(蔵田)で尋ねたら、
「滝の近くは駐車場がないし、道も整備されていないから、ここに車を置いて、県道の坂道を1kmあまり(20分くらい)歩いて、そこから100mほど急な山道を下って滝を見るようになる」 とのことだった。

「そんなんじゃやめよう」 という事になって、見ないで帰ってきたことがあった。

そのことを思い出して、東海一といわれる滝だからぜひ一度見たいと思っていた。

 第三章 宇嶺の滝(うとうげのたき) =別名・おきみの滝
今回は、藤枝市の国道一号バイパス谷稲葉(やいなば)インターから県道32号を北上、およそ35km曲がりくねった県道を進む蔵田の集落も過ぎて、車は整備された林道をすいすい走った。

最初に目についたのは、この立派な石の案内看板だ。
e0284019_17382583.jpg


駐車場とトイレはこの先200mほどのところにある。
この駐車場のすぐ下に滝は落ちているのだが、先ほどの看板まで200mほど戻って、道路わきの坂道を下ることになる。すでに滝の音は聞こえている。

駐車スペースは数台分だから、秋の紅葉シーズンには路上駐車が横行することになる。

つづら折れの坂道を下ると、滝の音はますます大きくなる。

すごい迫力の滝だ!!。

4月16日に最初に訪れたときは、そのまま河原まで降りてしまったので、滝の写真には滝つぼが入らなかった。

新緑に囲まれた 宇嶺の滝 落差は70mほどと言われている。2009/04/16 撮影
e0284019_17485993.jpg


周囲には楓の木がたくさん見られる。秋の紅葉シーズンはいいだろうなと思いながら滝を観賞してきた。

この時に私は滝の虜になってしまったようだった。


そして・・・・秋が来た

2009年11月23日

それまでにいくつかの滝を訪問してきたが、「あの宇嶺の滝周辺の紅葉がいいのじゃないかな」と出かけてみた。

滝周辺は紅葉にはまだ早かった。

その日の滝の姿。  2009/11/23 撮影
今度は落ち口から滝つぼまで全姿を撮影。
e0284019_17573343.jpg


この滝を表現するには「轟」という字がふさわしいと感じた。
坂道を一番下まで降りずに途中から撮ると全体の姿が撮れる。

その後も何回かこの滝は訪問した。
[PR]
by takihana117 | 2012-10-22 18:08 | 滝紀行

2012年 10月 21日

藤枝市 白藤の滝と白藤七滝プラス2

e0284019_9141361.jpg

 
   

前回に引き続き白藤の滝とその周辺に点在する滝を紹介します。

通常は、白藤七滝といいますが、私が七滝のうち最後の「そり滝」を求めて山中をさまよっているときに出会った滝(仮称・モンスター滝)と、その後、そり滝に再訪を、と思って尾根道を歩くとき偶然出会った滝(仮称・蚊竜の滝)を含めて9滝になります。
それに、そり滝と雨乞いの滝は、上下に分かれていますからそれを二つの滝と数えると「白藤11滝」となってしまいます。

ここにおよその滝の配置を示しますが距離地形などは実際と異なります。

また下記の滝は訪問にはご注意ください。
〇 そり滝 「白藤の滝保勝会」の方の説明では、昔は山道がつながっていたが今はそれも朽ちた竹に埋まって踏み跡さえもないとのことでしたが、実際に行ってみても、道はありません。位置は白藤の滝の落ち口から50mほど上流です。

〇 モンスター滝 雨乞いの滝の下滝の下流にあり、道はありません。ロープを用意した方がよいと思いま          す。

〇 雨乞いの滝 上滝、下滝とも道は崩壊していて、ロープなしでは危険です。


 第二章 白藤の滝紀行

このあたりの滝の配置図
e0284019_9362429.jpg


まずはメインの白藤の滝
この滝は普段は水量が少なく、一時はポンプで揚水して滝らしく水を流そうかという話もあったそうですが、それは自然の摂理に反するということで、今は自然のままの水量になっています。(保勝会)
まとまった雨の跡がお勧めです。

配置図の ②
e0284019_9405715.jpg


   。。。。。

観音滝は白藤の滝の手前左側に落ちる滝です。
そり滝は、ブログサイトでもアクセスの説明がなく、一年がかりで、地元の方にも協力いただいて探し当てましたが、ここは道がありません。私は2度訪れましたが、今でも簡単に到達できる自信がありません。
白藤の滝の落ち口の上にちょっとして平地がありその上流に二段になって落ちています。

配置図の ③ ④
e0284019_9424517.jpg



   。。。。

雨乞いの滝 農道の行き止まり(農業用車両の転回スーペースの奥から降りる滝で、上滝へのルートは道は崩壊しています。非常に危険です。
下滝の滝つぼへはそのまままっすぐに降りますが道はありません。ロープが必要です。
滝は上下とも趣のある滝です。特に上滝は、ハート形をした深い滝壺を持っています。

配置図 ⑥ ⑦
e0284019_9555655.jpg



   。。。。

弥助の滝は転回スペースからモノラックレールに沿って左手の山に登り、小さな帆これを左手に見ながらすすむと沢にかかる橋の奥にみ見えますが、いつ行っても水は少ない滝です。
弥助の滝の前の橋を渡ってなお進み次の橋を渡って左手の山に入り沢に沿って進むと見えてきます。
夏は蚊がすごいです。
たきは「おとなしい」と言って印象の静かな滝です。

配置図 ⑧ ⑨
e0284019_1035448.jpg



   。。。。

駐車場から山に入るところで出会うかわいらしい滝が「行い滝」別名行者の滝です。
その落差はせいぜい3mくらいで道端にある可愛らしい滝です。
配置図 ①
駐車場の周囲には白藤が植栽されていて毎年5月5日には白藤茉莉が催されます。

白藤と行い滝
e0284019_1094397.jpg



   。。。。

このあたりの山中をさまよっているときに、七滝に含まれない二つの滝を発見しました。
その名前もわからないので私が勝手に仮称を付けました。
まず、そり滝を求めて、滝周辺を探索していて、ある日観音滝のすぐ横のあたりから上ってみました。
その滝上流の沢を登っていくと、6~7mはあると思われる滝に出会いました。
それは、上流から流れてきた流木や木の蔓が絡み合った中を水が流れ落ちる、さながらモンスターのような姿に見えました。そこで私は、この滝を「モンスター滝」と名付けました。
滝をそのままの没ことはできないので、右岸の山に登り坂道を上ると、雨乞いの滝の入り口のところに出ました。

もう一つ、上流の井の滝から、そり滝に行きたいと思い尾根道を上っていくと、左に入る踏み跡があったので、入ってみました。
その奥には小さな祠が祀ってあり、そのちかくに新しい卒塔婆が建てられていて、こんなことが書いてありました。

   南無妙法蓮華経  蚊滝霊位追善供養

意味は分かりませんが、お題目からして、仏教日蓮宗の関係者が供養したものと思われます、
その奥に、滝つぼがほとんど流木に埋まってしまったかわいい滝が落ちていました。
この流木を取り除いたら、この滝のぜん落差は8m位になるかもしれません。
位置は井の滝の落ち口から15mほど上流です。
この滝も名前がわからないので、私が勝手に、「蚊竜(こうりゅう)の滝」と名付けました。

配置図 ⑤ ⑩
e0284019_10272745.jpg


2010年はそり滝を求めて夏の暑い日に4回もこの山中に入りましたが、ついに出会うことはかないませんでした。そしてその年も残り少なくなったある日、地元の方に、そのそり滝を訊ねると、あそこの家のおじいさんに聞いてみな、あの人は保勝会の人だから、ということで、お尋ねしたところ、詳しく教えてくださったのですが、今は道が朽ちた竹でふさがってしまっていけないかもしれないとのことでした。

それを地元の農家の人に話すと「今から行くのか?。行くんだったら俺も行くから一緒に行こう」ということで、力強い同行者と、山をかき分けて、ついに到達したのでした。
農家のUさん有難うございました。


こうして、この山には私の知っているだけで、滝が大小合わせて9本それに、そり滝と雨乞いの滝を上下二つと考えると11本の滝を訪問してきました。

この滝の精霊が私に乗り移ったか、これがそもそも「滝バカ」「滝中毒」になって、滝にのめり込んでしまうきっかけだったのです。
[PR]
by takihana117 | 2012-10-21 10:47 | 滝紀行


真冬でも滝に行きたい


by takihana117

プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

カテゴリ

全体
滝紀行
未分類

以前の記事

2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月

検索

その他のジャンル

画像一覧